針屋彦兵衛

http://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2016/09/header20160928165834_481350423.jpghttp://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2016/09/header20160928165834_650038860.jpg
今日も元気にウパウパウパパ♪播州一です

新しい播州一ブランドの紹介でございましょ

播 州一ブランドとは、私、播 州一が播州の食べ物や商品やモノ、有形無形、団体や個人等に、これは播州の一番やでぇ〜認めたものを、播 州一ブランドとして認定し、世に播州をアピール、そして播州の自慢をしていこうとするものざましょ

播州釣り針ってご存知⁇

何と国内の90パーセントを北播磨で作ってますん

元はと言えば小寺彦兵衛さん、みなから親しみをこめて針屋彦兵衛さんと言われていた方がこの播州針の技法を北播磨に広めたんです

江戸時代、米作りが仕事の大半だった元加東市辺り、大飢饉にあってしまい、どうにかせねばならぬと、土佐に渡った彦兵衛さん

そこで釣り針を作ってるのを見て、これなら米作りが出来ない時も仕事になると思い、頼み込んだ

しかし、技法を他国に教えるわけにはいかぬとなかなか教えてくれない、彦兵衛さんは3年頼み、そこから7年、計10年の歳月を頼み込み、村のために技法を教えてもらい国に持ち帰った

その技法を、惜しげもなく村の人々、弟子たちに教えて、この町を支え、現在、国内どころか世界にまで播州針は広がった

その村を救った彦兵衛さんの事を、そして現在の釣り針産業があるのも彦兵衛さんのおかげだと、もっともっと知ってもらおうと活動されてます

加東市の釣り具メーカー土肥富の土肥芳郎さんは

播州一でございましょ