釣り名人の道

http://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2015/09/header20150930162005_846697474.jpghttp://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2015/09/header20150930162006_496909367.jpghttp://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2015/09/header20150930162006_232238070.jpghttp://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2015/09/header20150930162006_580947560.jpg
今日は釣りの師匠、北原雅樹さんのご指導をうける日だった

適当に釣りをする和氣貴志とは、全く正反対の釣りに対する信念を持った方だ

なんと、朝の6時出動すると連絡があった

心の中で「えーッ⁈」と思ったが口に出すのをやめた

師匠は、ここだ‼︎と釣り場を選びだし、釣りを開始

、、、、しかし2時間、何も釣れなかった

師匠は、潮が目が悪いと、場所を変えると言いだした

車で5分ぐらい走らせた、師匠のオススメの場所

広い波止場の中でも、ここにしなさいとの指導

そのポジションで竿を下ろして10分ぐらいした時だ、、、、

船が来て「そこを、どきなさい」と注意が入った

師匠を見ると、師匠はすでに別の場所へ移動していた

その後その場所で師匠は、糸が絡まったのを解いたり、リールがつぶれたとか分解したり、ほとんど釣りをせずにいたが

魚群探知機のように海の中が透けて見えると言う、摩訶不思議なグラサンをかけて

「ここは魚がいないと言い出した」

結局、元の場所にもどる事に

元の場所にもどり釣り出すと、、、なんと‼︎

スグに魚が釣れだした、さすが師匠‼︎

最初からその摩訶不思議なサングラスしてれば良いのに

その後は、快調に釣れ、程よく了竿

師匠は、海に感謝するんだと、おもむろにポケットから取り出したブルースハープを吹きだした