珈琲

http://glglwakye.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/908/2014/10/header20141002193501_579173589.jpg
僕ぐらい違いの分かる男は

一杯 一万円の珈琲をたしなみ

その ほうじゅんな香りを楽しむ

やはり器は、関白羽柴秀吉の茶室ばりな金箔

はたから見た人が、あの器⁇パラボラアンテナじゃねぇ⁇ との声も、チェ・チェ・チェ

上品な苦味に、午後の一息をつく

一杯一万円の珈琲

マスター おかわり頂戴(笑)